健康に良いことをしていこう|体質と症状改善

肝臓にいいコト

肝臓に良い食べ物とはどんなものか

肝臓の負担を軽くするためには、食後30〜1時間程度は横になるのが望ましいということなのです。ソファーで休むだけでも十分なので、しっかり休息することを心がけましょう。 ではどのようなものが肝臓に良い食べ物なのでしょうか。 摂り過ぎてはいけないのは、高エネルギー高たんぱくな食べ物です。 1日3食よく噛んできちんと食べることが大事なことです。 また、消化が悪い脂肪の多い食べ物はあまり食べないようにして、食後は1時間程度経ってからお風呂に入るようにしましょう。

具体的に何を食べれば良いのか

肝臓に良い食べ物とは具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。 大豆のような良質なタンパク質というのは、必須アミノ酸を多く含んでいるおり、肝臓の修復や再生にとても役に立つ栄養素です。またビタミンやカルシウム、カリウムも豊富なので納豆や豆腐、枝豆などの大豆食品を、積極的に食事メニューに取り入れましょう。 あとは肝機能をあげるということで、肝臓に良い食べ物としてシジミがあります。シジミも良質なタンパク質が含まれており、脂肪分も少なく肝臓への負担も軽減してくれます。 その他肝臓に良い食べ物というと、CMなどでもお馴染みでお酒を飲む多くの人たちに親しまれているウコンです。胆汁の分泌を促し、肝機能を活発にするクルクミンという成分があります。また牛乳も良質なタンパク質で肝臓を修復してくれるので効果的です。是非お試しください。